2017年4月3日月曜日

DISC と DISK

DISC なのか DISK なのか。


 








先日の立科町の案件で学んだことがひとつ。

DISC と DISK はちがう。 このことです。


さて、なにが?


Appleのサポートページに解説がありました。
一言で言うと・・・

DISCは 光学ディスク を指す。


CD /  DVD / Blu-rayなど俗に「円盤」と呼ばれるものです。




DISKは 


磁気メディアを指す。


フロッピーディスク、ハードディスクなどはDISKになるそうです。



要するに、ピカピカ光っていればDISC。それ以外はDISK。ということですね。




さてここからです。




この綴りの違いはなぜ生まれたのか?




海外サイトで調べました。

訳の正確性に自信がありませんので、極力簡潔に、
わかったことを記します。

話のタネにはなりますが、公の場で話すときっと恥をかきます。
それくらいの確度しかないまとめだと思って下さい。


・DISKの方が先に使われていた


・Cを使い出したのは、電機メーカーのフィリップスとソニー


・コンパクトディスク(Compact Disc)の開発時に
 それまでPC業界で先行していたIBM(ハードDISKの先駆者)に
 対抗しようとして、あえて「C」で書いた。COMPACT DISC。

 
ということのようです。
ハードディスクを開発したIBMが「DISK」を使い、
後発のフィリップスとソニーが新メディアCDを開発した時に
「DISC」を使い始めた。ということのようです。


ややこしい・・・



そしてどっちでもいい・・・


まぁ、光っていたらDISC。
それも覚えるのが煩わしければ、カタカナですね。




0 件のコメント:

コメントを投稿