2017年7月31日月曜日

MIDIコントローラーをスイッチャーに使う


MIDIコントローラーを
マルチカメラスイッチングの切り替えボタンとして
使う方法があるそうです。

MIDIといえば「音楽で使う」という印象ですが、
これ自体に音楽の情報を載せて通信するわけでは
ないそうです。

電子機器間のやり取りをする信号のひとつ、なのです。


これをスイッチングに使います。

MIDIコンには実に様々な形があって、
沢山のボタンと、ボリュームつまみの様なダイヤル、
フェーダーを搭載しているものが多い様です。

音楽での使用を意識したものなのでしょうが、
このボタンひとつひとつを、
任意のソフトの任意のボタンに設定できるソフトがあるのです。


弊社で使用しているスイッチャーボードの制御ソフトは
キーアサインのオプションがありません。
あらかじめ決められたボタン設定を変更することが出来ないのです

これが結構な曲者で、カメラの切り替えに2タッチを要します。
1タッチ目で予約、2タッチ目で実行です。
それが面倒であれば、マウスで画面上のボタンを押すという…。



それでもこのソフト、ちょっと検索するだけでも
このまま使っている同業者が沢山いらっしゃいます。

その「頑固な」ソフトとMIDIコンの間を取り持ち、
こちらの思う様に設定し直せるるソフトがある!

しかもMIDIコントローラーは安い!

これは…欲しい!


0 件のコメント:

コメントを投稿